ぺニス増大に興味のある人必見!その痛みについて詳しく学ぼう

女性には男性にわからない性にまつわる悩みがあります。
それが毎月起こる生理にまつわる悩みなんです。
月経痛があったり、貧血やイライラなどメンタルにも支障をきたすのです。
一方男性にもデリケートな生殖器の悩みがあります。
それはペニスに関する悩みと言えるでしょう。
仮性包茎や真性包茎のほか、大きさや形に強いコンプレックスを抱えて誰にも相談できず悩みを抱えているケースも非常に多いのです。
欧米のようにセックスに関してオープンではなく、日本人はセックスやペニスに関してひた隠しにするので誰にも相談できずに、自分のペニスは異常なのではないかと深い悩みを抱くのです。

日本人によくある仮性包茎や真性包茎の痛みと悩み

日本人のお母さんは、男性の体やペニスに関する知識が極端に低いと言えます。
欧米諸国では、ペニスにまつわる知識をお母さんなど女性も豊富に持っているために、赤ちゃんのわが子のペニスが包茎状態なのか見てよく分かっています。
赤ちゃんで痛みや記憶することに乏しい段階で、欧米諸国のお母さんは赤ちゃんのペニスの包茎を改善すべく剥いてしまう人も珍しくありません。
そのため欧米諸国では大人の成人男性で、いつまでも包茎で悩んでいる人は少ないと言われてます。
日本は、このように包茎の知識に乏しく、重大な症状との認識もあまりないので放置され、大人になってもいつまでも包茎で悩まないといけません。
包茎は十代後半の思春期から悩み始める傾向にあります。
オナニー等自慰行為をし始めると、手で摩擦すると亀頭が狭い包皮口をうまく出てくることがなく、包皮口の皮膚が引っ張られ引きつってしまい痛みを感じます。
セックスの時でも亀頭が上手く出たり、持続性に欠けるので早漏になり中折れなど見られ満足できる性交渉ができなくなります。
包茎は包皮と亀頭の間に恥垢が貯まり、癒着します。
悪臭を放ち、不衛生であって雑菌などが入り込み尿道を伝って排尿痛や下腹部痛を起こすこともあります。

ペニスの小ささに悩んだり形にコンプレックスを抱く人も多い

仮性包茎や真性包茎は、亀頭が全て出てこず包皮口にひっかかって痛みを生じることがあります。
そしてパートナーとの女性とも、満足できるセックスライフが営めないのも問題になってきます。
また男子の中にはペニスの小ささに悩んでいる人も珍しくありません。
ペニスが小さく、勃起時にも十分な長さにならずチョッキの太さが小さい場合、男性は非常にコンプレックスを抱えやすいです。
思春期に修学旅行や合宿で、友人と一緒に大浴場に入る機会を得、そこで自分のペニスが非常に小さいことに気付きショックを受ける人もいます。
ペニスが小さく、勃起時に太さや長さが十分でなければ、女性とのセックスが満足できるものにはなりません。
女性が不満げな顔をすることで、ますますプライドが傷つけられ心が痛み自信を喪失してしまいます。
無理に摩擦したり、ぺニス増大の機器を購入し大きくなるように努める人もいますが、こうした方法で抜本的にぺニス増大することは不可能です。
むしろ痛みを生じたり、細菌などの二次感染にかかるなど危険を伴うので自分流でぺニス増大を実践するのは止めた方が賢明です。
泌尿器科、泌尿整形外科などで相談して適切な治療や手術を受けるべきです。

ぺニス増大手術実態と痛みについて 

泌尿整形外科では、ペニス増大の手術があります。
興味関心があっても怖い手術ではないか、局部にメスを用いるのは痛みが激しいのではないかと怖くなって治療や手術に二の足を踏んでいる男性も少なくないです。
実際男性の局部は感度が他の部分よりも高いので、そのままメスや針を刺すと激痛であるのは言うまでもありません。
しかし病院では、きちんと麻酔を用いて手術をしてくれるので痛みを感じることはほとんどありません。
病院によっては表面麻酔、背面神経ブロック麻酔、治療部浸透麻酔やMSCブレンド麻酔などを駆使して徹底して痛みを感じないようにして手術してくれるので安心するとよいでしょう。
ペニス増大には、陰茎海綿体と表皮の間に薬剤を注入し太さと長さを実現すペニス増大があります。
ヒアルロン酸を主に注入するので、安全性が高く体に吸収されていきます。
またシリコンを筋膜に埋め込むペニス増大術もあります。
T型シリコン、円柱シリコンが代表的なもので、太さと強度を増幅してくれます。
シリコンは女性の膣にペニスを入れた時に、性感帯にうまく刺激を与えるので女性がセックスの時にオーガズムに達し、満足度も高く充実したセックスを営めます。
そうすることで男性も自信を取り戻していきます。

まとめ

女性には生理による生理痛など悩みがあります。
一方で男性もペニスにまつわる悩みや痛みを抱えています。
仮性包茎や真性包茎が代表的なもので、オナニーやセックスの時に狭い包皮口が引きつって亀頭が出にくく痛みを生じます。
またペニスが小さく短いことで悩んでる人も多いです。
自分で摩擦などでぺニス増大を試みる人もいますが、効果がなく痛いだけで感染症のリスクがあるのでやめた方が賢明です。
ぺニス増大には痛みを伴う手術が必要と思われがちですが、麻酔を用いて手術するので痛みはありません。
シリコンやヒアルロン酸を注入するぺニス増大手術が主なもので、興味がある人は泌尿整形外科クリニックに相談しに行きましょう。